グリーン動物病院インフォメーション

猫のしっぽ

2018.12.20

こんにちは!

看護師の日下部です。

今回は猫のしっぽについて調べてみました!

猫の尻尾は様々な動きをしています。

それがどんな気分を表しているのでしょう。

①ピーンと立っている

しっぽを真上にピンと伸ばしているときは、甘えているときです。しっぽを立てると居場所が分かりやすくなるため、子ねこがお母さん猫にアピールするためにしっぽを立てるようになったと言われています。また、お母さん猫におしりをキレイになめてもらうときもしっぽを立てるので、そのなごりという考え方あります。

猫がしっぽを立ててすり寄ってきたときは、なでたりしてたくさん甘やかしましょう。「ご飯が食べたいよ~」と甘えていることもあるので、空腹ではないかもチェックしましょう。

②ゆっくりと動かしている

しっぽがゆっくりと揺れたり、ときにはピタリと止まったりしながら、ゆったり動いているときは、リラックスしているときか、興味あるものを見つけたときつです。

のんびり寝転んでいたり目を細めたりしているなら、リラックスをしていることが多く、何かをじっと見つめているなら、興味あるものを見つけたときの可能性が高いです。大きな音を立てて邪魔をしないよう、そっとしておいてあげましょう。

イライラしてるかも?機嫌が悪いときのサインです。

③激しくパタパタ動かす

しっぽを勢いよくパタパタと動かしているときは、イライラしています。「怒っているんだぞ」と言いたげに、地面に強く打ち付けたり、激しく左右に動かしているので、すぐに機嫌が悪いことを察知できます。

そんなときにだっこしたり話しかけたりすると、余計に機嫌を損ねることになります。

コミュニケーションをとりたいときも、猫が落ち着いてからにしてあげましょう。

④座った状態で、しっぽを上下にパタ、パタ

座った状態でゆっくりと、しっぽを上にクルン、下にパタンと動かしているときは、これからどうしようかと次の行動を考えているときです。好奇心旺盛な子ねこの間は、思い立ったらすぐ行動に移すことが多いため、考え事をすることは少ないかもしれませんが、もししっぽを上下に動かす姿を見たら、邪魔をせずにじっくりと考えさせてあげましょう。

この他にも様々な表情があるしっぽ。

ぜひぜひじっくり観察してみてくださいね♪♪

ページトップ