グリーン動物病院インフォメーション

柴犬!

2019.01.03

あけましておめでとうございます。

看護師の日下部です。

本年もよろしくお願い致します。

今回は私も飼っている柴犬について調べてみました。

 

日本犬には北海道犬、秋田犬、甲斐犬、紀州犬、四国犬、土佐犬、柴犬の7種が存在しています。 

その中で一番小さな種が柴犬です。

柴犬と呼ばれる由来には、いくつか説があります。 

日本犬で唯一、地名がついていないのは分布エリアが広いため、地域ごとに地柴が存在していたことと、絶滅回避のために各地の柴犬を交配に用いたなどの理由があります。

毛色は赤、黒、胡麻、白の4色があります。

赤、黒、胡麻は顎から腹部にかけて白い毛(裏白)であることが理想とされていますが、美濃柴は全身くまなく赤毛であることが良いとされています。 

仔犬の時に口元が黒い個体もいますが、成犬になるにつれて薄くなる場合もあります。

性格は長く人間と暮らしてきたこともあり、主人に忠実で、純朴な性格の持ち主です。

また、昔から番犬や狩猟犬として重宝されるほどの勇敢さや利口さ、忍耐強さも兼ね備えています。

同時に柴犬は頑固で神経質な面も持ち合わせています。

主人以外にはなつきにくく、初対面の人に対してすぐにしっぽを振って近寄っていくようなタイプの犬ではありません。

特にメスはオスよりも警戒心が強いと言われているので、番犬として飼うならメスのほうが向いているかもしれません。

ただ、性別を問わず柴犬はリーダーに忠実なので、一度主人として認めた人には生涯忠誠心を貫きます。

しっかりしつけを行い、主従関係を結ぶことができれば、かけがえのないパートナーになってくれるはずです。

柴犬の尻尾には様々な種類があります。

どの尻尾も特徴がありとても可愛いですね。

ちなみに我が家の柴は巻いていない尻尾で、触るとふわふわで気持ちがいいです。

今年もたくさん一緒に遊ぼうと思います!

それでは皆さまも体調にお気をつけてお過ごしください。

ページトップ